関西は牛、関東は豚と、良く言うけれど

例えば肉じゃが。関西では牛肉を入れるのがスタンダードで、関東では豚だ。

ご家庭で作るすき焼き、ボクが子どものころ(関東)、豚肉しか入れなかった。

関東では肉まんと言い、関西では豚まんというアレ。何でかと言うと、関西で肉と言えば牛肉の事を言うらしく、豚肉を使った中華まんは、「豚まん」と呼ばざるをえなかったという事らしい。

 

この牛食と豚食との文化の違いは、なぜ起きたのだろう、とふと思って調べてみた。今日の昼休み。

もともと関東でも関西でも、肉食は、それほどポピュラーなものではなかったようだ。江戸時代の話だけど。肉食、特に4つ足の獣を食べるのは、殺生にあたるという仏教の宗教観が、最たる原因だったらしい。

ところが、幕末、日本は開港し、西洋人が居留地に住むようになって、急速に肉食がたらされたようだ。それまでも、「薬食い」などといって、猪とか馬とかの肉を食べることは食べていたのだけど。幕末から明治にかけて急激に肉食文化が日本に流入してきたというわけだ。

横浜や神戸に居留する西洋人は、肉を求める。となれば、自然的に、その肉を生産するものが現れる。

で、肉牛を生産するのが本格化したのが神戸だったようだ。もともと農耕用に牛を使っていたので、その牛を品種改良したり何だりとかして、肉牛を生産し、「神戸牛」を作っていったのだろう。

 

しかし、横浜周辺に牛はいなかった。

そのころの関東で農耕用に使う獣は、もっぱら馬だったようなのだ。つまり、開港当時、どこにも牛はいなくて、肉と言えば、まっぱら山にいる猪だったようなのだ。その猪を品種改良して「肉豚」を生産していったのが関東なのだと言う。

だから、明治維新後、カツレツが横浜、東京では「とんかつ」になり、神戸では、オリジナルに近い「ビフカツ」だったのだそうだ。

 

なるほど、言われてみれば、もっともな話だなと思った。

 

とは言え、この牛食文化、豚食文化の違いは、時として悲劇を生むことがある。

 

関西女と結婚した関東男は、肉じゃがに牛肉を入れられたとしても、これはこれで良し、として受け入れなければならない。

関東女と結婚した関西男は、「何で、肉じゃがに豚肉を入れるんだ」と抗議しても、「文句があるんだったら食べるなっ!!」と一喝される。

ちなみに、子どもたちは、みな、「かみさん」の味方だ(笑)

 

男たちよ、妻に、自分のふるさとの味を求めちゃいけない。

妻の味が、これからの君たちの、「ふるさとの味」になるのだ。そうすれば、諸事万端、何もかもが丸くおさまり、家庭は円満となる。

でも、地道に、”お願い”をし続けたら、10回に1回ぐらいは、肉じゃがに、君たちの好きな肉を入れてくれるかもしれない。

がんばれ、男たちよ。

 

2014.4.12 夕方の桜

もう時期が過ぎてしまったけど、これは、日没の時間に撮った桜。

ちなみに、我が家の肉じゃがは、「ひき肉」が入っておりますです、はい^^

えぇ、最初にそれを目の当たりにした時は、大変、驚きましたね。

 

 

 

広告
カテゴリー: タマ。の・・・(略してタマてん) パーマリンク

関西は牛、関東は豚と、良く言うけれど への12件のフィードバック

  1. ◯◯泰男 より:

    北海道は豚だよ
    家庭での焼き肉はジンギスカンが主になるからラム肉が多くなるけどね

    • タマ。 より:

      〇〇泰男さん、こんにちは。
      あぁ、そうでしたね。北海道と言えばラム肉でジンギスカンでしたね。
      やはり、羊が寒さに強いからでしょうか?

  2. 史津香 より:

    こちらは確かに牛肉ですね。肉じゃがに豚って「はぁ?!」ですよ(笑)
    カレーも同じです。東西の食文化はそういう風に決まったんですね。
    勉強になりました^^面白いです。
    子供たちには奥様のお料理がおふくろの味になりますね。
    旦那様も母上より奥様のお料理を頂く年数の方がずっと長いのに、ホッとする味はやはり母上の味なんですね。
    母の力は偉大なり、ですね。

    • タマ。 より:

      史津香さん、こんにちは。
      はは、肉じゃがに豚肉は、はぁ?、ですかぁ~
      我が家の、ひき肉入り肉じゃがを見たら、さらに、はぁ?、でしょうね、きっと。
      農耕用に牛を使うか馬を使うかは、ネット上で拾った話題なので、真偽のほどは定かではないんですが、確かに関東では馬を使うことが多くて、肉用の牛を育てるにも、種となる牛がいなかったと言うのは、説得力があめかな、なんて思いました。
      科学的に言えば、幼少期に覚えた味は、強烈に脳にインプットされますから、いつまでも忘れないのでしょうね。てせも、日本男児は、いつまでも「おふくろの味」にこだわっていてはいけません。例え、どんなビックリ料理が出てきても、妻の味に慣れるほかないのです(笑)

  3. abend より:

    こんばんは。
    肉と言えば牛肉でしたね。
    なので豚で肉じゃがはあり得ないです。
    我が家も父がビフカツしかダメだったので
    カツは牛でした。育ちでこの具合が決まりますね。

    • タマ。 より:

      abendさん、こんばんは。
      はは、ボクがビフカツの存在を知ったのは、大人になってからでした。なるほど、元々のカツレツは、ビーフなのだということを知りましたよ。
      豚肉の肉じゃがはあり得ないですかぁ~^^ でもテレビで見たんですけど、名古屋では鶏肉を使うらしいですよぉ。
      食文化に限らず、こういう文化の地域差というのは、面白いですね。うなぎの背開き、腹開きとか。

  4. ク~ より:

    我が家は肉じゃがは豚です。母があまり牛肉が好きじゃなかったみたいで…受け継ぎました!

    • タマ。 より:

      ク~姐さん、こんばんは。
      あぁ、牛肉って、クセがありますものね。苦手な人も多いかもしれませんねぇ。ちなみに、外で肉じゃが頼むと、姐さんの所は、何肉なんでしょうね? 一応、静岡あたりが牛肉と豚肉を使う境界だと言ってましたよ^^

      • ク~ より:

        一般的には豚肉が主流のような気がする。
        家庭科の時間に習ったのは豚肉だったもん^_−☆

    • タマ。 より:

      ク~姐さん、そうですかふ、豚肉ですかぁ。
      テレビの情報って、あてになんないですねぇ。

  5. ❤ちえたん より:

    タマ。さん♪ こんばんは^^

    西日本の〇島は、肉じゃがといえば牛肉ですね~♪
    すき焼きも、やはり牛肉!
    タマさんの詳しい解説、面白いですね^^
    妙にナルホドーーと納得しました(笑)

    ところで、やっとこちらへ入れました・・・・。
    私のblog上のタマさんのアドレスが勝ってに変わってまして・・。
    開くとセキュリティーのなんちゃら!って画面が表示されてて・・・。
    今日、タマさんに頂いたコメントよりアドレスを元通りに訂正できました!
    (^э^)=3  

    • タマ。 より:

      ちえたんさん、こんにちは。
      お返事、遅れてしまって申し訳ありません。 やはり広島も西日本。やはり牛肉なのですねぇ。

      アドレスが勝手に変わっていたのですかぁ。
      う~ん、msnもそうでしたが、外国のサイトは、ホント、訳分かんないもの作りますね。これに懲りずに、どうぞ、これからもご贔屓にしてください^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中