特定不妊治療

ボクの担当する仕事のひとつに、これがある。

特定不妊治療に対しての助成金事務だ。

何度かニュースにもなったが、この制度がどうやら大幅に変わるらしい。

今まで、助成対象に年齢制限はなく、かつ、10回まで助成していたのが、42歳まで、合計6回までとなる可能性か高い。今日、県から、厚生労働省からの報告がメールされてきた。

年齢が高ければ、妊娠する可能性が著しく低い、妊娠、出産にまでこぎつけたとしても、染色体以上だとか、未熟児で生まれてきたりとか、まぁ、いろんなリスクが高いからというわけだけど、正直なところを言えば、年々、この制度を利用する人たちが増えて、国も、

 

もう、金がねぇーーーーーーーーーーー!!!!

 

という状態になってきている感じもする。事実、統計でみると、特定不妊治療を受ける人の数は、平成16年と24年とを比べると7倍も増えていて、その出費たるや、ものすごいことになっているのだ。

ちなみに、ボクの勤めるところでは、助成を始めた年と去年とでは、5倍ぐらいの差があって、その財政支出は、140万ほど増えた。いやいや、すごい話・・・

 

ただ、この改正が本決まりしたら、やっぱり、納得いかない人はいるんだろうなぁ、とか思う。

男女共同参画とかの運動に携わっている人とか。そんな人たちが、ボクの職場に詰め寄ってきて、囲まれる、、、なんて事も覚悟しとかなきゃなんないだろう。

 

不妊。

確かに、年齢が高くなればなるほど、成功率も低いし、母子ともにリスクが高いのも事実だ。

とある人は、この事で、特定不妊治療受けるのは止めろ、みたいな事を言われて、すごいショックを受けたと話してた。40歳を超えたら、子ども作る四角はないみたいに感じたとも言っていた。

確かに、「あんた、もう年なんだから、無駄だから、やめといたら?」なんて医師に言われたら、どん引きするだろうなぁ、とは思う。さらに医者の中には、ホント、デリカシーのない事を言う人が、男女問わず、多かったりするのも事実だ。しかし、言ってることは、間違ってないから、厄介と言えば厄介なんだけど。

 

そもそも不妊はどうして起こるか? 年齢を重ねるとどうして妊娠しにくくなるのか?

早い話が体の至る所が老化してるから。男性の場合は、精子を作る能力が低下していたり(つまり、精子の数が少ない)、助成の場合だと、いい状態の卵子が排卵されなかったり、子宮内膜の厚みが少なくなってきて、卵子が着床しにくくなっているとか。

まぁ、こんな所が重いな原因。

そこへもってきて、毎回のように筋肉注射されたり(←気、失うほど痛いらしい)、性交渉について、余計とも取れるようなアドバイス受けたり(下着のこととか、体位のこととか、もっと生々しいアドバイスだったりすることもあるらしい。時には、ただのセクハラなんじゃね?と、思えるような事も言ってくるらしい)、なんだかんだとストレスも半端なかったりするようだ。

 

特定不妊治療。調べていけば調べていくほど、実は問題山積みなんじゃ? って思えることが多い。

一例をあげれば、男性不妊の場合、泌尿器科との連携が必要になるけど、それが併設されてる産婦人科は、あまりに少ない。”生殖”の専門医というのがいるらしいけど、この医師の数も、あまりに少ない。さらに言えば”生殖”の専門看護師もあまりに少ない。

保険が利かない

治療費が、バカのように高い。

デリカシーの欠片も持ち合わせない医師がいたり、相談員がいたり、役所の職員がいたり。。。

年齢が高くなればなるほど、妊娠しない確立が高くなるということが、あまり知られていない。。。

などなど。

 

ただ、一つだけ言うと、

あまりに、この治療でストレスを感じるようだったら、いったん止めた方がいい。この特定不妊治療にかけるお金で、夫婦の時間を大切にし、共通の趣味を始めたり、旅行に入ったりしてもいいかもしれない。

そうした途端、妊娠した。

なんて話も、よく聞くからだ。

要は、毎日が充実して、ちゃんとした食事をとって、ストレスの少ない生活が大事だったりするのかもしれない。(もちろん年齢にもよるけれど)

 

山形、田んぼと道 2013.8.12

一度、休んで、こんな山が見える温泉などに行ってみては、どうでしょう?

 

※ここに書いたのは、あくまで、今日、ボク個人が感じた私見です。

 

 

 

 

広告
カテゴリー: タマ。の仕事(略してタマジョブ) パーマリンク

特定不妊治療 への10件のフィードバック

  1. ク~ より:

    日本人って…血族を重んじるから…
    あんまり意味ないと私は思います
    なんでも執着はよくない?なんて思います(^_−)−☆

    • タマ。 より:

      ク~姐さん、こんばんは。
      確かに、血族を重んじますね。里親制度はあるけど、やっぱり自分の子どもがほしい、みたいな。
      でも、子どもがほしいというのは、本来、本能的な欲求だから、しょうがないのかもしれません。
      で、一縷の望みをもって、うん十万円もする特定不妊治療を受けるわけですが、この助成制度は、そんな夫婦にとっては、ある意味希望だったと思います。
      実質的な話じゃなくて、精神論になってしまいますが、43歳以上は対象外、40歳以上だと、通常の半分の3回までしか助成しないとなると、先を断たれたみたいに感じる人もいるかもしれません。
      次の課題は、そんな人たちへの精神的ケアの問題になってくめんじゃないかなって気もしてます。「子どもできないんなら、里親になって、子どもみらえばいいじゃん」みたいなのは、もっての他ですけどね。(←実際にこんな事を平気で言う人がいるから大変です)

  2. abend より:

    こんばんは。
    これはネットでみました。
    子をなすほどの相性が夫婦に無いのかもしれないですね。
    老いたらリスクが高くなるから仕方ないですよね。

    • タマ。 より:

      abendさん。こんばんは。
      すいません、すいずぶん前にコメお返ししたんですが、反映されてなかったみたいです。
      このこと、ネットでご覧になりましたか。新聞やテレビのニュースでも、かなり取り上げられましたね。
      相性も確かに関係あるんでしょうけど、一番の原因は、晩婚化のようです。ただ、子どもがほしいという欲求は、どちらかと言えば本能的なものなので、何か、やるせない感じがしますね。
      で、現場も大変です。今日、さっそく、この関係でトラブルが1件、起きましたし。

  3. ❤ちえたん より:

    タマ。さん♪ おはようございます^^

    その景色のある温泉で、のんびり過ごしたいです~♪
    周りが山に囲まれた〇島では
    こんなに広がった田園風景は中々ないんですよ^^;

    特定不妊治療の件、ニュースで見ました!
    デリケートな問題ですよね・・・><
    対象者が増え続けているのは
    タマさんがおっしゃる通り、晩婚化が進んでいるからの様な気がしますね!
    子供どころか、結婚しない30代の人も周りに沢山いますし
    じゃあ、なぜ結婚しないのか?!という話になるんですが
    私たちが若い頃のように、先が見えない?夢が持てない?
    そんな若者が増えてる気がしています。
    少子高齢化で、沢山お子を産み育てて欲しいのに
    不景気で、お子を育てる為、女性も働かざるを得なくて
    働きながらお子を育てられる環境がまだまだ整ってはいないし・・・。
    問題は山積ですよね!深刻な問題です!

    • タマ。 より:

      ちえたんさん、こんばんは。
      そういうボクも、結婚は決して早くはなかったんですが、、幸いなことに子宝には恵まれました。ありがたいことです。
      ねぇ、何でですかね?
      一つは、世の中、寂しさを埋めるものかたくさんありすぎますね。子どもを作って自分の楽しみとか時間とかがなくなるのが、きっと怖いのかもしれません。
      結婚が遅くなる、あるいは、結婚しない人が増えるのは、そうですねぇ、男女間で自分の気持ちをストレートに表すのが、とても怖いのかもしれません。ストレートに言ったからって、受け入れられるとは限らないし・・・

      はい、問題、山積みです。

  4. しょぼくれた向日葵(´∀`) より:

    9月25日

    タマさんお誕生日おめでとう。

    • タマ。 より:

      ありがとうございます。
      リアル生活がすっかり忙しくなって、ネット上でのおつきあいが減ってしまったせいか、ボクの誕生日を覚えてくれるのは、もう、あなただけかもしれません。
      とても、嬉しいです。ありがとう。

      今、しょぼくれてるの?
      どうしたんですか?

      • しょぼくれた向日葵(´∀`) より:

        もう九月も終わりだし、ひまわりもしょぼくれてるなぁと思って。
        私は元気です。初めて自分の意見や気持ちを優先してみたり、就きたい仕事も見えてきました。
        まだ面接にも行っていませんが、福祉系です。
        やはり、人の役に立ちたい。社会の役に立ちたい気持ちは変わりませんでした。

        先日の中秋の名月、見ましたか?大きくてとてもキレイでした。

    • タマ。 より:

      はい,しょぼくれていました、ひまわり。
      そうですか、うん、それは良い考えです。あなたが、そう思ってくれていること、すごく嬉しいです。
      きっと、できますよ、その仕事。それにあなたは、がんばり屋さんですから、結構、向いてると思います。

      中秋の名月、見ましたよ。とても大きくて、まん丸でした。
      見ながら、あなたのことを、考えてましたよ。
      月並みな言い方ですが、がんばって(月なだけに)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中