大阪の夜は、更けていく

大阪の夜は、悲しい色やね

と、誰かが歌ってたけど、リアルな大阪の夜は、賑やかだ。

撮影が終って、モデルさんと二人、飲み屋を捜す。梅田の地下街で、極々普通の居酒屋をチョイスした。

まずは二人で乾杯。

生ビールが、とてもおいしい。

ほどなくして、”モノクロの達人”が到着。

彼とは初対面だ。少し緊張した。

会うまでは、ロマンスグレーなだけど、ちょっと気難しそうな人を想像してた。

実際に会ったら、ちょっと想像と違ってた。

ちなみに、カメラでは大先輩だ。きっとボクがおぎゃぁと生まれた時には、もうカメラを構えてたに違いない。そんな年頃に見えた。

“なるほど、人生の経験が、あの写真に表れているんだ。”

そう思った。

とあるサイトで、彼の写真を見たとき、ボクは、そこにあるモノクロ写真に、目を奪われたことを覚えてる。白と黒だけで、グレーのない写真。まるで温度が存在しないような世界。誰もが一朝一夕に撮れるようなものではない事は、すぐに分かる。

彼に比べれば、ボクのモノクロなんて、まるで稚拙だ。

それから、多いに写真論を語って、盛り上がる。

銀塩写真の話。デジタル写真の話。

そりゃあ、もう、いろんな話を交わした。もっぱら、全部、写真の話だ。

時間は、あっという間に過ぎていく。

もう閉店です。といわれ、店を出たのは11時近く。

 

“また、お会いしましょう”

 

そう言って別れた。

ちなみに、この日は、無事、宿がとれた。

明日は、京都に立ち寄って写真を撮り、その後、姐さんと呑むために、名古屋へ向かう。明日も、ハードワークだ(笑)

 

広告
カテゴリー: タマ。の旅(略してタマ旅) パーマリンク

大阪の夜は、更けていく への2件のフィードバック

  1. abend より:

    こんばんは。
    大阪は賑やかですよね。
    時間が短く感じたようですね。
    京都は立ち寄りだけ?なんか勿体ない^^

    • タマ。 より:

      abendさん、こんばんは。
      はい、立ち寄ったたげですが、それなりに徘徊しましてね、楽しめました。
      あ、でも、もんのすごく暑くてですね。そこらへんのくだりは、次の記事で(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中