邪馬台国なんて、みつかりっこねぇーーーーって話

さて、今日は、前回、予告したとおり、邪馬台国の話。

邪馬台国と言えば、日本の三大古代ミステリーといわれるほど、有名な話。卑弥呼という女王様がいた。女王様と言っても、ムチもって、”この豚ヤローっ”って叫ぶわけじゃない。(って、皆さん、ご存知ですよね)

では、何がミステリーなのか?

これは、ひとえに、邪馬台国という国が、日本のどこにあったのかが、今もってわからないって事につきる。

北は青森から南は九州まで、その推定地と呼ばれてるところは、いっぱいあるけど、未だに結論が出ないでいる。

では、なぜなのか?

なぜ、ここまで人を惹きつけるのか?

それは、、、

分かりそうで、分からないから(笑)

そもそも、邪馬台国というのは、中国の書物である魏志倭人伝に記述された国のこと。ここに、魏の都から邪馬台国に至るまでの道のりが書いてあるのだ。

“なんだ、なら、すぐ分かるじゃん”と思う人もいるでしよう。

しかし・・・

甘いっ!  甘すぎる!!

この記述された道のりというのが、何とも、曖昧なのだ!

例えば、この魏志倭人伝には、”水行何日、陸行何日”みたにして、その距離が書かれている。

水行は、海を船で移動した場合、何日かかるか、陸行は、歩いて何日かかるか、という意味であることは、容易に分かる。

でも、この意味が、船で何日移動した後、歩いて何日かかるかとうものなのか、

それとも、船で何日、あるいは、歩いて何日という意味なのかが、まったくもって分からないのだ。

もっと、ざっくばらんに言うと、、、

前者なら機内(現在の近畿地方あたり)、後者なら九州ということになり、これが、邪馬台国機内説と九州説の大元とも言えるのだ。

ホントは、他にもいろいろあるんだけど。。。

まぁ、どれもこれも、一理あるということが多い。だからこそ、決定打がないというのも事実なのだ。

佐賀県の吉野ヶ里遺跡が発掘された時は、こここそが邪馬台国なんじゃないだろうかって、マスコミは大騒ぎしたけど、実は、プロの研究者たちは、あんまり関心なかった。

もちろん、九州で最大規模であろう環濠集落である点や、大きな墳丘墓と呼ばれる墓がある点などは、興味持ったけど、正直、邪馬台国とは切り離して、見てた人が大半だと思う。

何故なら、「ここが邪馬台国です by  卑弥呼(ハート)」でも書かれたものでも、出てこない限り、邪馬台国を特定することは無理なのだ。

卑弥呼という女王がいる国である邪馬台国は、魏に使者を送った、大きな国であることは間違いない。

20ぐらいの国を支配下においていたというのは、ものすごいんだけど、かと言って、それが日本で最大勢力をほこった国なのかと言われると、そうとは限らない。他に、もっと大きな国があったかもしれないのだ。

邪馬台国が存在したのは、今から約1800年ほど前の、弥生時代後期。

このころ、正直いって畿内の方が、すごい。集落の規模もでかいし、墓もでかい。いっぱい、いろんなものが出てきて、すんごいところだ。

しかし、だからといって、それだけで邪馬台国を畿内にあるとするのも、怪しくなってしまう。畿内より勢力は小さいけど、九州にあって中国に近いから、使者を送れたとも考えられるから。

それにたまたま、邪馬台国が魏志という書物に記述されたという可能性もあるし、まぁ、考えれば考えるほど、この国は、どういうものだったのか、分からなくなるのだ。

ただ、魏から邪馬台国に送られたものの中に、鏡がある。ちょうどこのころの”景初三年”と書かれた、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)という鏡が、畿内を中心にして、いっぱい見つかってるのも確か。

と、まぁ、こんな調子で、実は邪馬台国を真剣に論じる人は、あまり多くはない。

季刊邪馬台国なんていう、邪馬台国専門誌もあるけど、正直、まじめな学術誌で、この邪馬台国が論じられることは、ほとんどないぐらい。

そんなこんなで、結論を言えば

“邪馬台国なんてみつかりっこねぇーーーー!”って言うことになるのだ。

あじさい2011.6.9

そうそう。

魏志倭人伝では、卑弥呼さまの身の回りの世話をするのは、男子だったそうで。

もしかしたら、、卑弥呼さまって、文字通りの女王様だったかも、夜な夜な”この豚ヤロー!”って叫んでたかも、なんて思ってしまうのだ(笑)

 

※写真は、あじさい。こっちでは、まだ、つぼみです^^

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

邪馬台国なんて、みつかりっこねぇーーーーって話 への4件のフィードバック

  1. ゆきちゃ より:

    タイムマシンほしいね。
    そしたら見に行けるのにね。(^^)
    でも、いろんな意味でがっかりするんだろうなぁ。

    逆ハーレムは男前限定でよろしく♪

  2. ニコラス より:

    あ!!同じイケン!!!卑弥呼にあってみたいです。!!(笑

  3. タマ。 より:

    ゆきちゃさん、こんばんは。
    お返事、送れてすいません。

    逆ハーレム。イケメンだけでは、つまらんですよ、たぶん(笑)
    中に一人ぐらい、チャンカワイみたいなのがいた方が面白いですよぉ。ほれてまうやろ~って^^

  4. タマ。 より:

    ニコラスさん、こんばんは。
    お返事、遅くなっちゃって、ごめんなさいね。

    タイムマシーンですかぁ。
    うん、会ってみたいものですね^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中