意外と知られていない大岡越前の話

いよいよ、新カテゴリー作りました。

ボクの得意分野、”歴史”です^^(ただし、日本限定) MSNスペースの時は、もうこれ以上カテゴリーが増やせなくって、今まで控えていた分野ですが、WORDPRESSで、いよいよ実現です(笑)

あ、歴史に興味ないという方は、スルーしていただいていいですよ。

で、記念すべき、1発目は、、、

時代劇でおなじみの”大岡越前”であります。ちなみに、独断と偏見が入ってますから、100パーセントは信用しないでくださいね。

遠山の金さんもそうですが、皆さん、意外と、名奉行以外に何をした人かということを知らないのではないでしょうかね。ちなみに”三方一両損”の話は、ガセですよぉ。確か、イソップ童話とかからのパクリです。

というわけで、興味ある方は、しばらく、お付き合いください。

その一 なぜ大岡越前は名奉行と言われるのか?

それは、いろいろあるんですが、一番大きいのは、町奉行の機構改革をしたことでしょう。

それまで、町奉行所の犯罪捜査は、役人が直接やらないで、目明かし(いわば、十手持ちですね。銭形平次みたいな人たちです)に、まかせっきりにしてました。

当時の町奉行所のお役人は、めんどくさい犯罪捜査は、町人の十手持ちにまかせ、自分は取り調べと調書つくりだけやってたのですね。

で、目明しの報酬は、完全歩合制です。つまり、犯人を捕まえれば捕まえるほど、お金になるのです。で、どういう事が起こるかというと、まったくの無実の人を捕まえて冤罪が起こるわけです。

そして、時代劇でおなじみの石抱きやら、棒で叩くやら、えび固めやら、あらゆる拷問で自白させるわけです。

とある日、大岡越前に、とあるタレコミをした役人がいました。どうやら無実の人が来た町奉行所で捕まってるらしいという噂が流れてるというものでした。ちなみに、大岡越前は、南町奉行で、管轄外ではあったのですが、すぐさま、捜査を開始。捕まってる犯人にアリバイがあることをつきとめ、北町奉行に談判したというのです。

そして、この冤罪で捕まってた人は釈放されました。

その後、大岡越前は、高札を出し、冤罪で捕まってる者がいたら、奉行所に申し出よと言いました。

犯罪捜査も、役人が自らこれにあたるよう、改めました。目明しは、あくまでも役人の犯罪捜査の補佐ほするという立場に戻したわけです。

こんな事件があったせいで、大岡越前は、庶民の味方、名奉行とされ、いろんな逸話ができたのですね。

その二 時代劇”暴れん坊将軍”では、なぜ火消しが主要キャラにいるのか?

大岡越前の話は、それはつきることないぐらい、あるわけですが、町火消しは、中でも重要なエピソードのひとつです。

それまでの火消しは、幕府の役人がやってたけですが、いかんせん、いったん火事が起こると人が足りなさ過ぎる。

で、町火消し組合を作って、いろは47組(後に48組になったそうです)に再編成をしたそうです。

暴れん坊将軍で、北島三郎が火消しの親分で出てきて、エンディングを歌っているのにはこういうわけがあったんですねぇ。

あと忘れてはいけないのは、延焼をふせぐために、空き地を作るなどのこともしており、お江戸の防火には、大変な功績をあげているのです。

その三 TBSの大岡越前では

小石川療養所が出てきますね。

実は、この小石川療養所も、大岡越前が設立したもの。

時代劇のイメージが強いため、町奉行所は犯罪捜査ばかりしてるように捉えがちですが、実は、町民や牢人た相手の、町行政をすべてこなすのが町奉行所です。

つまりは、下層民対策や、防火対策、民事訴訟の処理なども、町奉行所の大切な仕事だったわけです。

で、目安箱に、町医者から貧病人のための療養所建設の要望が出たとき、徳川吉宗から検討を命じられた大岡越前が、この小石川療養所を作ったわけです。ちなみに、この要望を出した町医者が、ドラマで竹脇無我がやってたお医者さんのモデルとなっております。

女医さんがいたかどうかは、知りません・・・

その四 意外と知られていない、大岡越前のその後

その後も、大岡越前という人は、金融政策(銀高の解消)やら、新田開発やらに功績をあげて、寺社奉行となります。

寺社奉行と聞いても、あまりピンとこないかもしれませんが、この話はまた長くなるので割愛です(笑)

で、そのときの大岡越前は、5000石強の旗本であったのですが、本来寺社奉行は大名でないとなれません。そりゃあ、もう異例の大抜擢だったわけです。

で、旗本なのに寺社奉行にするため、足高(在職中に限って、禄高を上げる精度ですね)して無理やり大名格を与え(幕末の近藤勇も、これで大名格をもらいました。あ、ちなみに近藤勇は新撰組の局長ですよ)たそうです。

で、本来、寺社奉行になれない旗本なのに、無理やり大名格にしたもんだから、ちよこっと虐められたこともあったらしいですね。

たとえば、、、

官職につく大名の食事会で、自分の席がなかったりとか。

その五 まったく知られていない大岡越前の晩年

いやぁ、がんばりました。大岡越前。

で、がんばったかいあって、70歳のとき、1万石の領地を与えられて、正式に大名になってるのですよ。

場所は現在の愛知県岡崎市で、西大平藩といいます。

ちなみに、旗本から大名に昇格したのは、江戸時代、後にも先にも、この大岡越前、ただ一人なんだそうです。

ちなみに、この大岡越前は、婿養子です(笑)

その六 おまけの豆知識

よく、江戸時代、何とか藩って言いますね。

実は、あの藩っていう呼称。江戸時代には使われておりません。仙台藩とか、赤穂藩とか、広島藩とか、長州藩とか、水戸藩とか、薩摩藩とか、全部、明治の廃藩置県のときに出来た言葉なんですよ。

で、実際にはどんな風に言ってたかといいますと。

仙台藩の場合、、  奥州伊達家のご家中  ってな具合だったんです。

忠臣蔵で有名な赤穂藩ですと、播州浅野家のご家中 って感じですねぇ^^

どうです? 目からウロコの豆知識でしょう。

というわけでタマ歴。第一回目終わりです。

評判よかったら、次回があるかもしれません。次回は、意外と知られていない「吉原遊郭」のお話でありんす。。。(←ホント、みなさん、目からウロコですよ、これ)

広告
カテゴリー: タマ。と歴史(略してタマ歴) パーマリンク

意外と知られていない大岡越前の話 への8件のフィードバック

  1. nagomi より:

    面白い!! 時代劇ファンの私だけに
    大岡越前も暴れん坊将軍も見ていたから、タマさんの説明読んで
    目に浮かんで来ちゃった  !(^^)!
    越前を演じた加藤剛さんみたいなイケメンでは無かったと思う(笑)けど
    よく頑張ったお侍さんだったんですね~
    今のお国の政治家さんにこんな人はいません
    次回が吉原遊郭!! これまた楽しみ
    映画ネタは「吉原炎上・・・!」(笑)かな?

  2. タマ。 より:

    なごみさん、こんばんは。
    なごみさん、時代劇ファンだったのですかぁ~♪ はは、また意外な一面を知ってしまいました。姐さんと仲良しだから、てっきり、洋画派だと思っていました(笑)

    はい、大岡越前という人は、かなりのがんばり屋さんですね。しかも意思も強ければ、頑固でもあったようです。だから、頑固一徹に仕事を進められたんでしょうけど。
    銀高対策のとき、江戸の両替商を呼び出したとき、店主じゃなくて番頭が来て、怒って全員を牢に入れたなんてエピソードもあります。

    吉原炎上ですかぁ。。。ごめんなさい、JINにするつもりでした。だって吉原炎上は明治の話で、江戸時代じゃないんですもん^^; いや、しかしホント目からウロコですよ。

    • nagomi より:

      確かに吉原炎上は時代が違ってます?(笑)
      ははぁ~お恥ずかしい ^^
      時代劇ファンって意外ですか? 水戸黄門や桃太郎侍・・・も
      セリフ覚える位見てました(笑)

      今でも日本史ものは好きです! まあ、タマさんには叶いませんが
      博物館めぐりもしてます!ハイ ~ !(^^)!

      • タマ。 より:

        なごみさん、こんばんは。
        はい、てっきり、洋画とか洋楽好きな
        オシャレマダムだと思ってましたよ。実際、そんな雰囲気ありますし^^

        吉原炎上は。明治の話ですからね。時代劇というカテゴリーには入らないかなぁと思ったんです。
        博物館めぐりもするのですかぁ。はは、それは気が合いそうです。去年の3月までは、まさに本職でしたので(笑)

        意外と知らない吉原の話、楽しみにしててくださいねぇ^^^

  3. ニコラス より:

    面白いです。シリーズ化大賛成!!!

    • タマ。 より:

      ニコラスさん、こんばんは。
      はは、では、ぜひ^^
      しかし、吉原とは、大風呂敷広げてしまいました。実はですねぇ、そのシステムとか、いろいろ変遷してますし、ガセネタも多いしで、実は、とてもやっかいなテーマなのでありんす。。。

  4. ニコラス より:

    自分のブログコメント投稿欄に
    コメントをどうぞ
    「新しいコメントがついたらメールで通知」
    新しい投稿をメールで受け取る」
    というのがあると思います。
    これらのうち一度だけ「新しい投稿をメールで受け取る」にチェックを入れてコメントを投稿してみてください。次回投稿更新時にタマさんの「購読ブログを読む」で表示されるかと思います。ちなみに自分のサイトでは統計情報の購読者の欄にタマさんが表示されるようになると思います。またこれでSubscribeにチェックが入った状態になると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中