再び、君へ

君は、今、どこにいる?
 
今日、とある人のブログを見たらね、君の事を考えた。
 
"自分は誰からも必要とされてない"
"自分は誰からも愛されない"
"自分はきっと不良部品で、消えていなくなったら世の中の歯車はきっと、スムーズに動き出す"
"自分がいなくなっても、たきっと誰も気づかないし、気づいたとしてもすぐに忘れる"
 
そんな事言ってたね。
 
でもね、それは違う。
この世は、すべて、生きとし生けめものは、つながっている。
命というのは、鎖のように全てつながっているんだ。
 
社会もそう。
 
君がいなくなったら、
少しだけ、バランスが崩れる。
 
君がいなくなった事に気づかない人間なんていない。
君がいなくなる事でスムーズに動きだす社会なんて存在しない。
 
ボクが写真を撮ってる事は、もう知ってるね。
見てくれたかな。。。
気に入ってくれると嬉しいけど。
 
 
 
ボクは、君を忘れない。
ずっと、覚えてる。
君は、それを望まないかもしれないけど、忘れられないんだ。
確かに、君は、ボクの人生に関わった。
君が、そこで存在した事は、今のボクに大きく影響している。
今のボクや、ボクの撮る写真の一角には、確かに君が関わっている。
 
だからね、
 
ボクは、君を忘れない。
 
ボクは、ここにいる。
今でも、君を待っている。
広告
カテゴリー: タマ。の・・・(略してタマてん) パーマリンク

再び、君へ への14件のフィードバック

  1. ニコラス より:

    待ってたけど来ないって事もあるかも?やっぱり月かな?

  2. より:

    ニコラスさん、こんばんは。待ってると言っても、来るこを期待してるわけでもないのです^^月ですか?はは、どうでしょう(笑)

  3. ニコラス より:

    忘れる事のできない人って確かにいますよね。

  4. より:

    ニコラスさん、はい、確かにいますね。 でも、今回は、ちょっと意味が違うのです。 忘れられないと言うよりは、忘れちゃいけないのですよ。

  5. ちえみ☆ より:

    忘れろって言ってもきっと忘れないです。だけどときどき思うんです街の中で「あれ?私いるよね」って。。。ベンチの写真、素敵です。なぜでしょう?じ~~~~~っとあたたかなものが心の中に。。。流石、師匠です(*^_^*)

  6. ちえたん より:

    タマ。さん♪ こんにちわ~♪うんうん^^命の尊さと儚さを知ったら・・・><。無駄な命なんて、どこにも無いんですょね・・・・。そのベンチに腰掛けてボケーと一日過ごしてみたいです^^温かいお茶とおにぎり持参で、野鳥でも探しましょうかしらねっ☆

  7. より:

    ちえみさん、こんばんは。 あ、それねぇ、都会にいると、なりやすいんですよ。 たまに、自然のあるとこ行くといいですね。山とか。海は、紫外線が強いから、注意が必要ですよ(笑) 今回の写真、実は、容量けちって、一番、低いBASICというので撮ったら、ブログに貼り付けただけで、画像が荒れちゃいました。。。 また明日から、がんばりましょう^^

  8. より:

    ちえたんん、こんばんは。はい、そうですね。さらにいえば、物理的にも生命は連鎖してますからね、無駄な命、なくてもいい命などというのはひとつもないのですよ。ちえたんさんは、お茶とおにぎりですかぁ。。実は、これは、ちびたちと遊びにいった公園で撮ったものでして、タマ。一家は、ここで、かき氷、食べてましたよ。野鳥、いい鳥の写真撮ってくださいね。ポッケいっぱいついたベスト着たおじさんには、要注意で(笑)

  9. ごろごろ より:

    人の記憶って、うまいこと出来てて……私の場合、「匂い」ですかね。ある香水の匂いを嗅ぐと、ど~しても思い出しちゃう人がいます。「在るべき場所」って、やっぱりあると思います。でなきゃ、人は存在できないのかもしれないし。。。って先日の転職騒ぎの時に思いました。今は、別のどこか。そしてまた……日当たりの良いベンチなんだと思いますよ。その人の行く場所は。

  10. より:

    ごろごろさん、こんばんは。この「君へ」シリーズは、特定の誰かにあてた手紙ではないんです。そのとき、そのときで、「君」にあたる人はいるんですが。言うなれば、その人含めた、いろんな「君」に宛てたメッセージですね。ただ、ボクは、ボクと関わった、さまざまな「君」を、忘れることはないでしょう、終生。どこかで、このブログを見てくれるといいんですけどね。。。日当たりの良いベンチは、とても気持ちいいですね。ボクも、こんなベンチになれるといいのですが(一応言っときますが、人間ベンチになりたいわけではないですよ)

  11. 史津香 より:

    私なんて居なくても何も変わらない=私を認めて愛してほしい、ですね。人は、必要とされていないと死んでしまうそうです。愛してくれる人がいなくても生きていけるけど、必要としてくれる人がこの世に一人も居ないと、人は生きていけないそうです。生まれながらにして、人は求められるべき生き物なんですね。

  12. より:

    史津香さん、こんばんは。 はい、おっしゃる通り。 人間は、元々、群れをなしますから。必要とさるない=孤独には、耐えられないよう、出来てるんです、基本的に。 だから、ボクは、声を大にして、叫ぶのですよ。 必要ない人間などいないって。 それから囁くのです。 愛してるって^^ ちなみに、アメリカとかだと、みなさん、やたらとI lov\’n you って言うらしいです。 家族とか、友達とかで。 だから、史津香さんも、愛してますよぉ~(笑)

  13. G~ より:

    ひとの思いはみんなそれぞれ違うけど、この世に生まれてきたひとの中で、不要な人間なんていないですよね。絶対、誰かの役に立ってる。自己嫌悪するのが普通の人間。理想どおりの人間なんていないもの。忘れ得ぬひと。大切にしてね。

  14. より:

    G~兄様、こんばんは。 兄様も、お忙しいみたいです。身体には、十分、気をつけてくださいね^^はい、誰の役にも、たたない人間は、いませんよ。 命も社会も、つながってます。 ホントは、思い過ごしなんですけどね。 うん、忘れないで、待つことにしましょう。死ぬまでは、まだ、いささかばかり時間がありますので(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中