息子へ。。。

※すいません、今回は、マジ記事です。。
 
ボクには、障害がある。
言わなきゃ、誰も気づかないような障害だけど。。。
極々軽度の自閉症と学習障害(知的障害?)かな。
お父さんは、大人になってから、検査して分かった。何か人と違うな、なんて思って調べてもらったら、そんな結果が出たんだ。
もちろん、これは誰も知らない。
お母さんも、埼玉のじいちゃん、ばあちゃんも、おばさんも知らない。知ってるのは、お父さん本人だけだ。
 
因果関係は、はっきりしてないけど、、、
たぶん、遺伝子と難産のせいかもしれない。
 
君も難産で生まれてきた。陣痛が始まって、生まれてくるまで24時間以上、かかった。君を始めて抱いたとき、お父さんはね、とても嬉しかった(これは内緒だけど、君が生まれた時が一番、感激した)
でも、君は、やはり他の子と違うね。お父さんが子供のころ、経験したことを、同じようにやってる。
 
たぶん、君は、毎日、学校の行き帰りを、同じ道を歩いて帰るだろう。知らない道を通ることはできないはずだ。
みんなができる、お遊戯やかけっこができないね。体が動かないんだ。どうしていいか分からないからだ。
きっと、知らないところ、行ったことのないお店に、一人で入ることはできないだろう。まるで何かの壁があるように、そこには一歩も入れないはずだ。
 
お父さんもそうだ。
初めてのところに行くとき、中で、何をするのか分からないようなところ、そんなところに入るのは、とても怖い。
知らない人と話すのも、実はねとても怖い。自分からは、絶対に話しかけられない。大人になった今でも、そうなのだ。
 
学校は、君にとって、安心できる、居心地のいい場所ではないね。
君が、本来の屈託のない、元気な姿になれるのは、今はおそらく、おうちだけだろう。一緒にマックに行っても、ファミレスに行っても、どこか居心地が悪いね。
 
ごめんね。
お父さんの遺伝子のせいもあるね。
妹や弟は、かけっこもお遊戯もできるし、知らない所にだって、どんどん行けるのにね。
お父さんは、長文が読めない。書くことはできるけどね。
本を読んでても、1ページ前の内容も頭に残らないんだ。
君も、国語が苦手だね。頭ん中に全然残らない文章を、毎日、音読するのは、さぞしんどいだろう。
 
でも、心配することはない。そんなものは、訓練次第でどうにでもなる。幸いに、日本の受験システムは、パターンを覚えれば、どうにでもなる。お父さんや君のような人間にとっては、大変ありがたいシステムだ。
 
この障害はね、脳みその中のどこかの細胞がうまく働かないんだ。
特に未知のものに対する恐怖心は、すさまじい。おそらく、この先、君が生きていく上で、未知の、怖くて怖くて、どうしようもない局面がたくさん起こるだろう。
でもね、人間ってやつは、うまくできてる。
どこかの細胞がうまく働かなければ、別の細胞が頑張るんだ。
お父さんもそうだけど、きっと、君も感受性の強い人間になるだろう。
前、かみね公園に、ゲキレンジャーのショーを見にいったね。妹はゲキレンジャーと握手してサイン貰って、記念写真も撮れた。けど、君は行けなかった。でも、帰りの車の中で、ゲキレンジャーが写ってるチラシを大事そうに、家に着くまで、両手で持っていた。
お父さんも、そんな子どもだった。ウルトラマンの方が好きだったけど。
 
でもね、その感受性が強いおかげでいい写真が撮れるようになった。 
大好きなカメラを使う仕事にもつけた。
みんな、お父さんの写真を褒めてくれる。とても嬉しいことだ。
 
お父さんを好きになってくれた人もいた。
結婚して、君たちを授かった。
好きな人もできた。
わずかかもしれないけど、心が通じあってると思う瞬間、瞬間がある。
ブログを始めて、いい友人にも恵まれた。
 
存外に、幸せな人生だ。
 
おそらく、この先、君を本当に理解して、愛してくれる人はいないだろう。
君を知らない人から見れば、君は普通の人だ。
でも、普通じゃない。
この前、欝を経験した人から、お父さんは言われたよ。「健常者には分からない」って。
そうなんだ。
お父さんや君は、健常者でもないし、障害者でもない、そのちゅうぶらりんの位置にいて、障害を必死になって隠して生きていくしかないんだ。
お父さんの事を、真に理解してる人が、存在しないように、君もまた、同じような目に会うだろう。
 
だからね、、、
人を愛しなさい。
家族、友人、隣人、君が好きになった人、、、、
君と関わる、ありとあらゆる人間を愛しなさい。
そうすればね、君を100%愛してくれる人はいないかもしれないけど、いい友人には恵まれるはずだ。
ときたま、「好きな人」からは、「誰にでも優しいもんねっ!!」と怒られるかもしれないけど。。。
 
いいかい、よく聞いてほしい。
人を愛して、やさしくして、見返りを求めちゃいけないよ。それを求めると、人に優しくするのが馬鹿らしくなる。人が信用できなくなる。
だから、一方的でもいいから、あらゆる人を愛しなさい。
 
お父さんは、もう十分だ。
 
君が幸せに生きられるように、いつも祈ってる。
 
 
広告
カテゴリー: タマ。の家族(略してタマ族) パーマリンク

息子へ。。。 への12件のフィードバック

  1. G~ より:

    タマ。さんの写真がステキな理由が少しわかりました。でもね。「もう十分」なんてダメですよ。人生はそう簡単に終わらないですもん。苦痛かもしれないですけど、出会いはこれからもあるから、嫌なのは捨てて、ステキな出会いを大切にしてください。タマ。さんとお子様に幸せがたくさん降り注ぎますように。

  2. より:

    G~さん、こんばんは。 携帯で失礼します。自宅のPC、かなり調子悪くって、ネットカフェに行かないとダメなようです。 「もう十分」うん、ダメかもしれませんが、もし、幸せの量というのが決まってて、残量を誰かにあげられるとしたら、ボクの幸せ残量は、全て彼にあげたいと思ったんです。 まぁ、あり得ない話なんですが。ただ、そうですね、、、今は、友人と、うまい酒が飲みたいです(心臓のために禁酒中ですが←これが、今一番辛いです)今回の記事、書くまでに3日ぐらい、かかりました。ボクのカミングアウトです。

  3. ニコラス より:

    昨日はごめんなさい!一度コメ入れたけど考え直して消しました!で! この写真は 雑草のように逞しく行きなさいと言う事でしょうか?

  4. より:

    ニコラスさん、こんにちは。 ごめんなさいね、重い記事書いちゃって。コメントしづらかったでしょう。 写真は、、、 よく分かりません。最初はレールの写真にしようかと思ったんですが、こちらにしました。 ただ、生きてれば幸せなんだ、という考えがあったかもしれません。

  5. yotsuba より:

    私も母親だから、色んな子供と接する機会が多くて・・、昔は普通の学校しか行かなかったような子も、今は補助学級へ通ったりしてる。だけど、学校は学校で楽しく過ごしてるな。そういう子が今は昔より多いから、周囲の子も普通に接するのかな。息子さんを理解してくれる人、絶対いないとは限らないよ !!幸せって、本人の感じ方次第だよね。私は幸せだと思う。だけど、もっと、ずっと、幸せでいたいと思う。だから、タマ。さんもガンバロ !!yotsubaから、タマ。さんと息子さんへ愛をこめて…。

  6. より:

    yotsubaさん、こんばんは。何と返したらいいか、、、ありがとうございます。暖かいお言葉をいただいて。ただねこれは、人と上手く接することができないのです。自分の感情や思いを、言葉に変換するのも、なかなか上手くいきません。じっくりと考える時間が与えられれば別ですが。しかも、見た目は、まったく普通です。ボクも自分に障害があると、誰にも言いません。親にさえ言いません。ですから、単に「やる気がない」とか「ノロマ」とか「出来が悪い」などというぐらいで済んでしまうのです。自分の状態を上手く伝えることができない。だから100%理解してくれる人は現れないのですよ。でも、ボクは、存外に幸せですよ。ホントに。きっと、息子も、それなりに幸せにはなれるでしょう。

  7. yotsuba より:

    私も、かなり反応鈍いよ。(>_<) だから、旦那との喧嘩、メールの方が上手く言える・・。今時は、見た目では分からない、色々な病気があるよ・・。実際、私の親戚には、精神を病んでいる人が数人いるよ・・。奥さまが自殺しちゃった人もいるし、私のおばあちゃんも自殺だった…(T_T)健常者だって、100%理解してくれる人が現れることなんてないよ・・。逆に、すべてわかられるより、謎の部分があった方が魅力的かもよ~(^^)

  8. より:

    yotsubaさん、こんばんは。 yotsubaさんは、旦那さんとメールで喧嘩する事があるんですかぁ。ウチは、まずないですね。それ以前に会話がないけど。 うん、言いたくでも、言えない事、いっぱいですよね。 でもこの障害はね、ホントに言葉が出て来ないのですよ。これは不思議ですよ。自分でも。 あと未知のものへの恐怖心がもの凄く強いです。 昔は、「意気地がない」で済んでた話ですが、今は、障害になるようですね。 精神を病む人、多いですねぇ。去年は、ボクの先輩が発作起こしました。これも克服するのは、大変な事です。 おばあさん、自殺ですか。大変だったでしょう、それは。 まぁ、何でしょう。。。 がんばりましょう^^

  9. Natalie より:

    ダメだよ~~~、タマさん。。。。今の私、こんな文章読んだら勝手に涙が出てくるくらい弱ってるんだから。。。。(・・)あふれる家族の愛が伝わってきますよ。うちは・・・・みんな健康なのに、家族のつながりや会話が全くといって良いほど無いのです。大きな壁があるんです。幸せって何なんでしょうね。。。。疲れて寝る、そして朝が来る。生きているだけで幸せって言う言葉をくれた友人がいます。それも真実でしょうね。

  10. より:

    Natalieさん、こんばんは。Natalieさんが弱ってるの、G~さんとこへの書き込み読んで知ってましたよ。お好み焼きの記事以降、何て声かけたらよいか、分かんなくなって、ROMってました。ウチは、子供たちがまだチビだから、こんなことが言えるんでしょうね。でも、ボクなりに家族を愛そうと思います。Natalieさんも、そうしたらよいかと思いますよ。Natalieさんほどじゃないですが、ボクも一昨年までは仕事人間でした。帰りは遅いし、休みはほとんど仕事してました。職場と家の距離が車で5分なので、深夜の帰宅には、なかなかならなかったですが(もちろん、繁華街で寄り道もできません)。それで、人よりほんの少し早く出世しただけです。それ以外には何もありませんでした。だから、ボクは仕事人間をやめたのです。それに気づかせてくれたのは、「ボクの好きな人」で、家族と同じぐらいボクは、その人と、彼女の息子を愛そうと思ったのですが、その思いはうまく届かなかったようです。よく考えれば、大きなお世話ですよね(笑)幸せですかぁ・・・幸せになる方法は、残念ながら、ボクには分かりません。でもね、案外、そこここに、幸せってのは溢れてるかもしれませんよ。がんばりましょう^^

  11. Natalie より:

    タマさん、ありがとう。。頑張れば解決できる悩みばかりだといいんですが、今抱えている複数の悩みって、かなりしんどいんですよ。経済的悩み、会社内の悩み、そして家族の悩み・・・・タマさん同様「僕の好きな人」の悩みなんて。。。ほんと、もうどうしていいかわからない状態です。。。半分以上あきらめていますけど。。「死んだら楽になれるかな」なんて、大バカヤロウなことまでたまに考えます。(そんなことはしませんけどね・・・)いつも気にかけてくれてありがとうございます。たぶん・・・軽度のうつ病かもしれません。

  12. より:

    Natalieさん、こんばんは。 軽い鬱ですか。。。 でも、分かってるなら、大丈夫ですよ^^ボクも、一昨年、それに近い状況でした。でも、ブログ始めて、ミクシィも始めて、色んな人に助けられたような気がします。 Natalieさんも、そんな場が出来るといいですね。 大丈夫。明けない夜は、ありませんよ。人間死んだ気になれば、どうにか生きていけます。 ボクのうちは、中学生の頃、生活保護、受けてたんですよ。それでも、大学院まで行けたんですから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中