とある女性の話

この前、満月だった。
写真を撮った。写真を撮っていたら、ふと、とある女性の事を、思い出した。
その人は、ボクの事を

月のような人

と言っていた。見えても見えなくても、そこにいる。という意味らしい。
ボクが、このブログを始めて、最初にメッセージをくれた人。
彼女からもらった絵手紙は、今もカメラバッグの中に入ってる。いい写真が撮れる、お守りがわりだ。

でも、多分、彼女がボクのブログを見ることは、ないだろう。だから、彼女の記事が書けるわけなのだが。。。

ボクは彼女を傷つけた。分かってて、あえて、わざと、、、
彼女がボクを嫌うように、画策したのだ。

そうしないと、、、

やがて、ボクの存在は、彼女にとって、自分を崩壊させるものになってしまう。
しかし、その手段に選んだ彼女の親友が、精神的に弱い人だというのは、全く計算外だったのだが(大変、申し訳ないこと、してしまった)

広告
カテゴリー: タマ。の・・・(略してタマてん) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中