続々「ボクの好きな人」(その二)

 
昨日の続き。。。
 
「ボクの好きな人」に初めて会うことになったのは、去年の12月半ばころ。
クリスマスの1週間くらい前だ、たぶん。
デートのプランは、決まってた。
買い物だ。。。
 
この日まで、ケータイを持っていなかったのだ、ボクは。
 
「今どき、ケータイも、持ってないなんて、、、」
このことを知ったときの彼女の言葉だ。
 
だから、当日は、ボクのケータイを買いに行くことになったのだ。
 
待ち合わせよりも1時間も前に、ボクは、そこにいた。
特に他意はない。特急の時間のせいだ。
彼女が現れるまでの1時間、ドキドキしっぱなしだった。
心臓が口から出るかと思った。
あまりにも、ドキドキしすぎて、実際に現れたら、どうしよう。いっそのこと、来ない方がいいかも、とさえ思えてくる。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
約束の時間、彼女が現れた。
"はじめまして"
ぐらいは言えたと思う。
近場の店に入って、食事をする。
何を話したか、実は、あまりよく覚えていない。
お昼近くだったから、食事も一緒にしたけど、味がしなかった。ビールばかり飲んでた。
食べ物が、あまり、喉を通らなかった。
 
食事が終わって、ケータイ買って、、、、
 
実は、もう一つ買い物があった。
カメラだ。
 
仕事で使うフィルムカメラはあったけど、まだデジカメは持ってなかった。
結婚以来、プライベートで写真撮ることは、やめてた。仕事以外でカメラに触ることはなかった。
でも彼女に会って、何故か、また写真が撮りたくなったのだ。
 
だから、、、、
 
2人で、カメラを買ったのだ。
 
 
そして、ボクはそのとき、彼女を撮りたいって、思った。。。。
広告
カテゴリー: タマの恋(略してタマ恋) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中