写真は、ハートで撮るもんだ(改)

 
※実は、今日の記事は、某コミュニケーションサイトで書いたものの再録です。自分では、かなり気に入ってるんで、こちらでもアップしました。
そっちの方で、先にもう見てしまったよ、という方は、ごめんなさいね。ただ、少しだけ改変してます。最後だけ。
 
常々、ボクは、写真てのは、ハートで撮るもんだ
と言っている。
ただし、これは、ボクの先生の言葉。もう亡くなってしまいましたが。

最初から、高いカメラなんか必要ない。レンズだって標準レンズ1本から始めるもんだと言っていた。

そして、、、
「自分の好きなものを撮りなさい」とも言われた。
好きなものを撮ろうとしたら、それのいいところを引き出そうとする。寄ったり、離れたり、絞りを変えたり、シャッタースピードを変えたり、いろんな手を使って、四苦八苦して、被写体の魅力を引き出そうとする。

そうやってできた写真ってのは、ハートのある、いい写真なんだ。
↑写真撮りになった今では、座右の銘に近い言葉だ。

例えば、若いお母さんが、自分の子どもを撮る。写真テクニックなぞ0に等しい。カメラだって、ケータイかコンデジだ。
でも不思議と、人の目を惹きつける。
「好きっ!!」という気持ちが伝わってくる。
その子のかわいらしさを存分に引き出そうというハートが見えてくる。

こういうのが、いい写真なんだと思う。

さてさて、ボクはほぼ毎日、プライベートで、仕事でと、写真を撮ってはいるが、、、

ときたま、ハートを忘れることもある。技術に溺れるのだ(そう大した技術じゃないんだけど)

そんなときは、決まって、手応えがない。
そして、そんな写真は、大抵ほかの人には、見向きもされないのだ。不思議なことにね。

そのたびに、ボクは、この言葉を思い出す。

"写真は、ハートで撮るもんだ"

とは言っても先生、やっぱり、いいカメラも欲しいし、いろんなレンズも欲しいです・・・・・・・

 

 

特に広角が欲しいです。12-24ミリのズームとか。。。。
 
 
 

カメラもやっぱり欲しいです。出来れば、D300とか700とか。。。。D3とは言いませんから。

 
 

天国で先生は、 、、、、、、、、、

 

 
 
「カミさんと相談しろ!」

と言うに違いない。

 
 
 
 
 
そして、今、ボクが一番撮りたいのは、、、、、
 
 
一番、好きな人だろうな。きっと。
 
 
 
 
 

広告
カテゴリー: タマ。とカメラ(略してタマカメ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中