ボクは、ここにいる。

相変わらず、「ボクの好きな人」とは、話してない。
忙しくて、疲れてるせいだとは、思うけど、でも、それだけではないかもしれない。
 
でもメールやメッセージは、少しずつ来るようになった。
これが来ると、跳びあがるほど、嬉しい。
 
ある朝、こんなメッセージが、届く。
「今でも私を必要としてくれてますか?」
 
・・
・・・
・・・・
・・・・・
 
当たり前じゃないか!!!!!!
 
あなたのおかげで、新しい友人も増え、世界が広がったけど、「ボクの好きな人」は、あなた一人なのだ。
ボクは、あなたにとって、必要な人間でありたいと思っている以上に、
ボクは、あなたを必要としてるのだ。
たぶん、ボクとあなたは、真逆の生き方をしてきたと思うけど、、、
それが何だと言うのだ。
表も裏もひっくるめて、ボクは、あなたにとって、特別な人間になりたいのだ。
 
ボクは、、、
あなたの顔が見たいのだ。
あなたの声が聞きたいのだ。
あなたが、いることを感じたいのだ。
あなたにとって、必要な人間であり続けたいのだ。
 
そして、あなたが、見てくれなくては、ボクのカメラは、何の意味もないのだ。 
 
だから、、、
 
ボクは、ここにいる。
 
 
追伸 でも、疲れてるみたいだから、無理はせぬよう。早めに寝るように。体には、くれぐれも気をつけて。
広告
カテゴリー: タマの恋(略してタマ恋) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中